PROFILE
こんにちは、絵と漫画と
母親やってます
多田玲子です
tadareiko.com
kiiiiiii.com
instagramは
@Tadarrrrrです
twitterも
@Tadarrrrrです
ARCHIVES
CATEGORIES
AVAILABLE
AVAILABLE


gm projects (通販)漫画だけでなく、トート、バッジなんでも揃います。うちより在庫豊富なことも。
CINRA STORE (通販)アボカド漫画やびんせんセットの他、アボちゃんのiPhoneケースが売ってます!
GARUDA COFFEE (通販&実店舗)美味しいコーヒー豆とともに、ガルーダコーヒー×アボちゃんの特製トートあります!(ついでに漫画も)実店舗は喫茶できます。おいでやす山科。
甘夏ハウス (実店舗)京都の浄土寺にある多田のアトリエ(倉庫)の1階で漫画はもちろんTシャツ、トート、シールなんでも売って〼。言ってくれれば何でも出てきます。

その他取り扱いは…
SUNNY BOY BOOKS(東京 学芸大前)
にじ画廊(東京 吉祥寺)
Violet & Claire(京都 出町柳)
Books Favulous(京都 烏丸)
かみをり(香川 高松)
FOLK old book store(大阪 北浜)
露草社(大阪 北浜)
tonico(長野 松本)
オヨヨ書林(石川 金沢)
ホホホ座(京都 浄土寺)
スタンダードブックス(大阪 心斎橋)
トロニカ(北海道 札幌)
茨城県近代美術館ミュージアムショップみえる(茨城 水戸)
ON READING(愛知 名古屋)
Lilmag(野中モモさん主宰のZINEネット本屋)
////////////
WALL(原宿店/福岡店)
青山ブックセンター(各店)
commune(東京 下北沢)
ブックスダンタリオン(大阪)
tobuhon(大阪)
ピナンスブックス(東京・奥沢)




LuncH TimeSに漫画「おまかせランチ!」連載中
・「週刊新潮」(新潮社)川上未映子さんのコラム
「オモロマンティック・ボム!」の挿絵
・「自転車日和」(辰巳出版)いしいしんじさんコラム
「自転車A面B面」挿絵
・終了!「すばる」(集英社)椎名誠さん小説
「かいじゅうたちがやってきた」挿絵
・終了!WEB まんが連載「あまからハイツのまほうのちゃぶだい」
バタ田ドラ子の話


バタ田ドラ子は身寄りのない女で、ミミズ牧師の教会に住み込みで働かせてもらっている。年の頃は30、31くらい。3年前、金持ちのドラ息子が「もう飽きたから」と汚い子供用ドラムセットを教会のバザーに寄付してくれたが売れ残り、そのドラムをドラ子はふとしたきっかけで夜中に礼拝堂で叩き始めた。

ドラムのルールは全くわからなかったが、でたらめにちからまかせで太鼓を叩くのは楽しい。しかしすぐに飽きてしまった。ある日「今日から君も叩ける〜ドラムテクニック・基礎の基礎〜」というビデオをリサイクルショップで発見したので、すこし勉強することにした。ドラ子はもう何年も無趣味で暇だった。

ドラ子は毎晩礼拝堂にドラムをひっぱりだしては、ひとりでたのしくドラムを叩いた。誰にもみられてないのを良いことに、ノリノリで叩いた。繰り返されるリズムに心が空っぽになった。スポーツはやったことがなかったが、こんな風なものなのだろうか。
いくつかのリズムパターンをマスターしたドラ子は、ミミズの牧師が持っている日本のポップミュージックのシングル盤をレコードプレーヤーでかけながら、それに合わせてドラムを叩き、おまけに歌った。

「カーテンを開いて 静かなほほえみの 
やさしさに つつまれたなら きっと
目に映る すべてのことが メッセージ」
この曲を、きっとたくさんの人が好きだと思うだろう、わたしも好きだ、とドラ子は思った。
礼拝堂のカーテンはしっかり閉じているが、この曲は静かなほほえみのよう、いうなれば、やさしさ、のようだ。

「あなたに女の子の一番 たいせつな ものをあげるわ
小さな胸の奥にしまった たいせつな ものをあげるわ」
大切な物ってなんだろう?うさぎにとっての耳とかカメにとっての甲羅やツキノワグマにとっての月みたいなものだろうか。

他には甲斐バンドやオフコース、泉谷しげるなんかがミミズ牧師のお気に入りらしくたくさんのレコードがしまってあった。
それを片っ端からかけながら、一晩中ドラ子は汗をかいてドラムを叩いた。

ある日ドラ子はミミズの牧師に呼び出された。
「ドラ子さん、あの前から常々言おうと思ってたんですけどね、
あの夜中のドラム、あれそろそろやめてみませんか。
言っちゃなんですけど、あなたのドラムは下手で、うるさくて、迷惑なんです」

紳士で人格者で、そして雇い主である恩人のミミズ牧師に苦言を呈されることは今まで一度もなかったので、ドラ子は困惑した。ドラ子にとって今や夜中のドラムはなくてはならないものだった。実はそのおかげで昼間のドラ子の仕事はたいへんおろそかになっていた。

ミミズの牧師は言った。
「でもあなたにとって、実はいつのまにかドラムが大事になっていた、ということもわかっています。
ドラ子さん、ベストキッドっていう映画知ってますか」

ドラ子は知らなかった。良い映画なのだろうか。

「その映画で、主人公の少年はカラテを学びたいのだが、洗車をしたり壁を塗ったりさせられる。しかしいつのまにかカラテがうまくなっているのです。ドラ子さん、あなたもドラムのことを一度すっかり忘れて、別のことに精進しなさい。それがドラムをよりよく叩けるようになる一番の近道なのです」

ミミズ牧師は続ける。
「あなたのドラムを夜な夜な聞いていますがね、あなたのドラムは、なんというか、わがままでこらえがない」
夜な夜な聞かれてたのかとおもうとドラ子は本当に恥ずかしくなった。

「だからあなたに教会の壁紙のパターンつくりを命じます。そして夜はよく眠ること」
えーそんな、とドラ子は思うが、ドラ子が住む場所は他にはない。
絵筆と絵の具を持たされて、ドラ子の壁紙パターン作りは始まった。

そして3年の月日がたち、ドラ子はふたたびドラムを叩くことを許された。
せきを切ったように叩き溢れるドラム。もともとうまい訳ではないドラ子のドラムなのだからテクニックはさておき、
ドラムを叩けば叩くほど、なにか熱いものが体の中から沸き上がってくる。それは音にも現れる。
高く体が浮かび上がる。心の中で「虎の目」が開くのを感じる。
目に映るすべてのものがメッセージのように感じる。ドラムは地平線まで繋がってるように感じる。頭のてっぺんが宇宙と繋がってるように感じる。なんだか体がぐるぐる回る。これが「今日から君も叩ける〜ドラムテクニック・基礎の基礎〜」のビデオでハードロックバンドの先生が言ってたグルーヴでしょうか。

こうやってドラ子は溶けてバターになった。
そして3年後、ホットケーキ作りをしているレモンとライムとはちみつに出会い、ホットケーキレストランを開業するのです。
(写真/鈴木未央)
| | 07:44 | - | - |



レモンとライムの話


日が暮れてきている。山が黒くなってきた。そろそろフクロウもホーと鳴く。この辺りは街灯がない。

レモンとライムは渇いたでこぼこ道を、かれこれ6時間くらい歩いている。道には時折ガソリンスタンドがあるが他には何もない。
昨日まで住んでいた村ではささいな理由で村八分にされて、結局追い出されてしまった。
はじめは歓迎されていたのに、いつの間にか嫌われていた。原因はなんだったんだろう?
でも誰かを嫌うことに理由はなく、正しいものや優しいものや素晴らしいものだって、嫌なことがある。りふじんなことばかりです。

レモンは涙をぽろぽろこぼしながら泣いている。でもそんなに悲しい訳ではなく、泣くとすっきりするのを知っているからだ。レモンはいつだってなにごとも深くは考え込んだりしないし、後に引きずらない。
どちらかと言えば、悲しみで体を重くしているのはライムの方。
嫌われて追い出されたことについて思い悩むけど、考えを深めて答えを出せるほど「頭の足腰」が強くない。ライムはある程度のところでバテてしまう。
「気楽に行こう、レモン」ライムは言う。
「もうこのあとは楽しいことだけしよう」ライムは自分に言い聞かせるように言う。
そして落ち込む気持ちは空腹が拍車をかけるから、そろそろなにかおいしいものを食べたい、とライムは思う。

そのあと1時間、2人は無言で歩いていたが、突然、レモンが声を出す。
「ハー、ハー、ハー、ホー、ホー、ホー、ハッハフー、ヒーホー、ハッ、ハッ、ハー...」
ライムがすこし嫌な顔をして言う。
「レモン、ため息なんてつくな。幸せ逃げるって言うぞ」
するとレモン、
「ハー、ハー、ハー、ホー、ホー、ホー。ため息じゃなくてこれは音楽。リズミカルに楽しくやってるんだよ。おまけに深呼吸もしてる」
「そうなの。それならいいけど」
「ハーハーホッホッ、ホットケーキ」
「食べたいね」

にぎやかな街の灯が遠くに見える。そこまでは早足で歩けば一時間くらいで着くだろうか。そこには老夫婦が経営する、ポルカの流れる良心的なレストランがあるだろうか。そこで常連さんに「おまえさんたちどこから来たのかい」なんて声をかけられながら、冷たいのみものに温かいたべもの、そして冷たいデザートがでてきたらどんなに良いだろう。

実際には、レモンとライムはそこまで行き着かず、真っ暗闇の中に窓辺の灯をみつけたので、今夜はここに泊めてもらおうとドアを叩くと、陰鬱な老主人が出てきて、馬小屋になら泊まっても良いという。馬小屋には体をまっぷたつに切られた馬の上半身だけが草をはみながら読書をしている。この「まっぷたつ現象」は最近はやりのかまいたちのようなものの仕業であり、特徴としてはまっぷたつにされても絶命しないこと。下半身は遊びにいってるので夜中にならないとかえってこないらしい。

その小屋の横には貯蔵庫があって小麦粉の袋が積まれており、レモンとライムはその袋に穴をあけて粉を失敬し、外で数羽かわれてるにわとりからたまごを失敬し、ついでに母屋に侵入して冷蔵庫から牛乳も失敬した。フライパンと油はどこかからでてきた。

レモンとライムは馬小屋の中で焚き火を作り、材料を混ぜてホットケーキを作る。
レモンは言う、
「ねえライム、焼いてる時間が退屈だから面白い話をしてよ」
なんと無茶なことを。話だけならまだしも、面白い話って、とライムは思う。
さらにレモンは言う、
「ほら、あの話が良いな。わらでできたわら人間が「片手」と旅する話!あとは脱走した薄汚い猫ちゃんがユートピアに行く話もいいな。あとしっぽの都市伝説の話でしょ。ごめんねボーイズが体を五個に分けてもらう話。巻き毛の王子様と王女様が恋に落ちる話...もちろん、私とライムが主人公の話も良いね。ほら、うらみを残したウエイターが喫茶店で...っていう怖い話」

そのどれもが、ライムにはまったく覚えがない。
でもライムは話しだす。
「ああ、そうか、じゃあまずはわら人間と片手の話からにしようか。むかーしむかし、ある山に、わら人間とお母さんが...」
ライムは即興で話を作って話す。
そのお話は、片面だけ焼けてきたホットケーキの表面の気泡に潜り込み、日光写真のようにその全面にその姿を映し出す。
あまりおいしくなさそうなホットケーキは次から次へと焼き上がる。お話は入ってるけどベーキングバウダーは入ってない。

おまけにはちみつもバターもない。たくさんのホットケーキを前に途方にくれるレモンとライム。はじっこをかじってるうちにお腹がいっぱいになってきた。

レモンとライムがはちみつと出会うのは6年後、バターに出会うのは7年後。
そしてレモンとライムとはちみつとバターが、この大陸で最も巨大なホットケーキチェーン店を開業するのは8年後です。


(写真/鈴木未央)

| | 07:41 | - | - |



| 1/1PAGES |